【育児準備】おむつ関連グッズ/赤ちゃんのおむつ交換に必要なものおすすめ

赤ちゃんはよく皮膚のトラブルを起こします。

こまめに取り替えるのがおしりのケアでは必要です。

ここでは、赤ちゃんのおむつ交換の際にあったら便利な道具たちをご紹介します。

おむつ替え

☑ 紙おむつ

使い捨てなのでラク。排泄物が出るたびにこまめに取り替えてあげましょう。

 

☑ おしりふき

おしりを清潔に保つための必須アイテム。

厚手、水分99%など、種類も豊富です。

 

☑ おしりふきウォーマー

おしりふきウォーマ Combi(コンビ)

価格:4,400円
(2020/9/6 14:06時点)

 寒い時期、冷たく湿ったおしりふきにびっくりしないように、市販のおしりふきをそのまま入れて温めるケース。

汚れもすっきり落とせます。

 

 

布おむつを使う時

☑ 布おむつ

布おむつは30~50組準備しましょう。

うんちの色で健康状態が分かるため、色のよく分かる白無地が最も良いです。

日本製 おむつおためしセット カバー1枚 100%コットン成型おむつ5枚 送料無料

価格:6,600円
(2020/9/6 14:08時点)

縫製してある成形タイプと、成長に合わせて折り方を変えて使えるさらしタイプの2種類があります。

さらしタイプは、吸水性に優れた「ドビー織り」がおすすめ。繰り返し使えるので経済的です。

 

 

☑ おむつカバー

おむつカバー マジックテープ

価格:2,880円
(2020/9/6 14:11時点)

布おむつ派の必需品。

綿やウール、竹など、様々な素材のものがあります。

おむつカバーの通気性が悪いとおむつかぶれの原因になりますので、素材選びには注意します。

排泄物が漏れないようにぴったりサイズのものを選びましょう。

 

 

☑ おむつライナー

生理用ナプキンみたいな形。布おむつの内側に重ねて使います。

おしっこ吸収ライナー 45枚入り(45枚入)

価格:682円
(2020/9/6 14:13時点)
感想(225件)

洗濯が簡単になりますし、紙おむつの節約にもなります。

 

あったら便利!なグッズ

☑ おむつバケツ

使用後のおむつの匂いを閉じ込める、便利な紙おむつ用ゴミ箱。

強力防臭抗菌おむつポット

価格:2,640円
(2020/9/6 14:18時点)

↑ ごみを入れると勝手にねじってまとめてくれるので、においが全く漏れません。

別途専用カセットが必要ですが、衛生面を考えると、これ以上のものはありません。

生後5ヵ月頃から赤ちゃんのうんちは徐々に大人に近づき、臭いも出てきます。

 

ごみ出しの時も臭くない!

妊娠生活を楽しむ妊婦のLINEスタンプ

 

☑ おむつ替えシート

使い捨てタイプと、洗って繰り返し使うとタイプがあります。

使い捨てで簡単&清潔!防水加工のおむつ替えシート 

価格:800円
(2020/9/6 14:26時点)

お出かけの時でもサッと広げられて便利です。

使い捨てタイプはゴミは出ますが、家事の負担がものすごく減ります。

排泄物のついた布を手洗いする手間がなくなるって最高です。

 

☑ おむつケースまたはおむつポーチ

【送料無料キャンペーン】おむつポーチ

価格:3,190円
(2020/9/6 14:29時点)
感想(83件)

 紙おむつやおしり拭きなど、おむつグッズをまとめて収納できます。

横におしり拭きが収納できるタイプが多く、お出かけに重宝します。

 

おしりはいつも清潔に

布おむつでも紙おむつでも、こまめに取り替えましょう。

汚れたおしりは柔らかい布か脱脂綿をぬるま湯にひたし、こすらず優しくふき取ります。

市販品もありますが、赤ちゃんによっては肌に合わないこともあります。

霧吹きにぬるま湯を入れておいて、おむつ交換の時に洗い流すと便利!

 

おしりが赤くなった時は

おしりが赤くなった時は、洗面器にぬるま湯をはったり、シャワーを利用したりしておしりだけ洗うなど清潔にして、保湿剤を塗っておきます。

 

それでも赤みがひかない時は、小児科や皮膚科を受診しましょう。

自己判断で薬を塗らないようにしましょう。

 

さいごに

赤ちゃんの皮膚は大人の2分の1~3分の1ほどの厚みしかないそうです。

繊細な赤ちゃんの肌を守るために、最低限のおむつグッズは持っておきたいですね。

この時期しかできない貴重な体験を、思う存分楽しみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です