【Panasonic NA-VX800AL】二人暮らし夫婦の洗濯乾燥機のメリット・デメリット

2020年9月に洗濯乾燥機を購入しました。

電気やのお兄さんによると、洗濯機は秋からモデルチェンジらしく、今が安くで買えるとのことでした。

洗濯乾燥機(PanasonicNA-VX800AL)を実際に使用してみて感じたメリット・デメリットを記事にします。

Panasonic NA-VX800ALのメリット

乾燥が早い!

縦型の洗濯乾燥機と比較すると、乾燥時間が短いのでエコです。

短い時間でしっかりと乾かしてくれています。

普段着なら約3時間で洗濯から乾燥まで終了します。

 

容量が大きい!

洗濯・脱水容量:11kg

乾燥容量6kg

 

本体はコンパクトなのに、6㎏も入れることができます。

二人暮らしなら週2回くらいの洗濯で済みます。

 

風呂の残り湯が使える!

洗濯乾燥機の中には風呂水を使えないものもありますが、NA-VX800ALは使うことができます。

型落ち品なのにすごいです。

NA-VX800AL-W

 

洗剤・柔軟剤が自動投入できる!

洗剤自動投入ってどういうこと?

わざわざ洗剤を計っていれる手間がなくなりました。

洗剤の詰め替え用を買ってきて、そのまま入れれるので、ボトルに詰め替える手間もなくなり、ボトルは捨てることに。

洗濯機周辺をすっきりミニマルな環境にすることができて、すごく気に入りました。

 

 

コンパクト!

私のお家は2DKで、脱衣所は1帖ほどしかありません。

全自動洗濯機よりも大きい洗濯乾燥機が、家に入るか心配でしたが、NA-VX800ALは他の洗濯乾燥機よりコンパクトなので、すっぽり収まってくれました。

本体寸法(幅×高さ×奥行)(給・排水ホース含む):約 639×1058×722mm

 

横幅は実際には600㎜くらいです。風呂水用のホースを取り付けると、639㎜くらいになります。

 

 

音が静か

通常運転でもものすごく音が静かで、夜でも洗濯ができます。

さらに「ナイトモード」はもっと静かです。

寝ている間に洗濯ものが終わっているって幸せですね。

赤ちゃんのいるご家庭でも、赤ちゃんの睡眠を邪魔することなく使うことができます。

 

 

洗浄力がすごい!

洗う水の温度を変えることができます。

Panasonicの洗濯乾燥機はここに力を入れているそうです。

40℃のお湯で衣類の黄ばみは除去できます!

洗濯槽のカビ対策は60℃のお湯で。

など、用途に合わせて温度調節できるのは嬉しいですね。

 

デメリット

洗えないものがある

これは洗濯乾燥機全般に言えることですが、生地によっては乾燥できないものがあります。

レーヨンやウール、革製品、カーテン等の形状記憶のものは乾燥ができません。

傷んだり、縮んだりします。

また、実際に洗ってみて、天然素材はシワになりやすいことが分かりました。

「洗濯のみ」「洗濯乾燥」「乾燥のみ」とモードを選択できるので、乾燥ができないものは「洗濯のみ」で洗いましょう。

 

 

毎回フィルターの掃除

これも洗濯乾燥機全般に言えることです。

乾燥機を使用すると、フィルターにホコリが溜まりますので、洗濯の度にホコリを落とす必要があります。

「洗濯物にこんなにホコリがついてたんだ」と思うと掃除も楽しいです。

2019年に発売された型落ち品ですが、性能にすごく満足しています。

洗濯乾燥機デビューしたいという方はぜひおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です