【もう仕事で悩まない】仕事ができる人・できない人の違い

よく、「仕事ができる人」「できない人」の違いが話題に上がります。

あなたの職場の人を思い出してください。

「あの人には何でも任せられる」「あの人はちょっとな」と、同じ立場の同僚でも、なんとなく仕事のできる・できないを判断していませんか?

その印象はどこで決まるのでしょうか。

この記事では、仕事ができる人・できない人の違いをまとめました。

あなたの周りの人に当てはめながら見てみてください。

 

机の上が綺麗・清潔感がある

仕事ができる人は、持ち物の管理もよくできています。

「あれ、あの書類どこやったっけ」

「うわっ、これ今日提出だった~」

机の上が汚いと、山積みの書類の中から自分のするべきことをいちいち探さなければいけません。

 

探し物に費やす時間ほどムダなものはありません。

自分の机の上を見てください。

綺麗ですか?

 

汚い方、自分自身の清潔感はどうでしょう。

自分の清潔感は、自分では分かりません。

自分では大丈夫だと思っていても、意外と、他の人から見たら…

 

ちょっと客観的に自分を見てみましょう。


リスク管理が上手

仕事ができる人は、リスクを上手に取ることができます。

後輩が失敗すると分かっていても、敢えて見守ることで後輩を成長させます。

成長した後輩は、今後自分の手を借りずとも、その仕事に取り組むことができます。

リスク回避だけではなく、適度にリスクを取ることが時間の節約にもなり、組織としての成長にも繋がります。

 

何でも先回りしてリスク回避することのほうが簡単ですが、長い目で見たら、適度なリスクは良い薬になります。

 

人の失敗には興味がない

仕事ができる人は、人の失敗には興味がありません。

仕事ができない人は、他人の粗を探し、そのミスが自分のせいではないことを声高に叫びます。

「集団の中でミスが起きるのは、その人のせいではなく、システムのせい。」

この考えを持っているので、人の失敗自体には興味がなく、なぜシステムエラーが起きたのかを考えるのです。

 

 

 

時間を何より大切にする

時間のムダを嫌う

仕事ができる人は、ムダだと思うことには時間を割きません。

そのムダな時間をどうすればなくすことができるのか、システムから見直します。

結果としてものすごく効率の良い仕事ができます。

 

また、気を使うだけの飲み会に参加したり、帰りたいと思っているのに残業したり、そういったことは一切しません。

 

雑談は大事にする

コミュニケーションは大切にしています。

何気ない会話の中から新たなアイデアが生まれたり、仕事仲間の人となりを知ることで円滑に業務が進むからです。

気を使う相手に、何か相談をしたいとは思いせんよね。

仕事ができる人は、周囲から話しかけられやすい雰囲気を持っています。


 

オン・オフがはっきりしている

どんなに仕事が好きな人でも、体力には限界があります。

よく休養を取って、働く時の生産性を上げるのも大切です。

仕事ができる人は、このオン・オフの付け方が上手にできます。

仕事ができる人は、好きなことをしているだけ

仕事ができる人は、仕事を仕事だと思っていません。

毎日楽しいことをしていて、その結果としてお金が寄ってくるという感覚なので、

嫌々仕事をしている人はいません。

仕事ができる人は好きなことに費やす時間も労力も惜しみません。

 

逆に言えば、仕事ができる人というのは、自分が心から楽しいと思える場所を見つけることに成功した人なのかもしれません。

 

さいごに

いかがでしたか?

たとえば今、仮にあなたが誰かから「仕事ができない」と言われても、気にする必要はありません。

あなたに合った場所は絶対にあります。

「置かれた場所で咲きなさい」というのは昔の話で、今は終身雇用の時代ではありません。

 

仕事がどうしょうもなく嫌いなら、転職をしたり副業をしたり、新しいことを始めてみても良いかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です