【妊婦は出費が増える?】妊娠中地味に出ていくお金

妊娠中、普段よりも出費が増えたと感じる妊婦は少なくないはずです。

今回は、自身の体験を元にして、普段の生活と比較して、かかったお金をご紹介します。

 

妊婦検診費用

自治体によって回数は異なると思いますが、妊婦検診は回数券(母子健康診査受診票)があって、

それを出せば無料で検診することができます。

 

この回数券は役場で、母子手帳と一緒にもらうことができます。(自分で申請が必要です)

 

ただ、母子手帳を貰えるのは、婦人科で、妊娠していることが確認できてからなので、

一番初めの、妊娠しているかどうかの検査は自費になります。

この検査費用はなぜか保険適用外なので、10割負担。

私の場合、初回に6500円もかかりました。

 

2回目の受診以降は、役場で受診票をもらっていれば無料になります。

私が住んでいる地域では、

妊婦一般受診票 14回分

 

乳児一般受診票  2回分

が無料です。

しかし、この「無料」というのは、検診で何もなかった場合で、

異常があった時は別途料金が発生します。

 

また、この回数券、妊娠〇週で受診というのが決められていますが、

例えばお腹の張りや、出血があって、予定の受診日以外に通院した場合は自費になります。

 

1回、出血があって受診日以外に通院したところ、1820円がかかりました。

 

 

 

その他医療費

腰痛で整形外科に

 

腰痛に悩まされ、毎日ぎっくり腰のような状態だったので整形外科に行きました。

妊婦なのでX線を撮ることができず、簡単な検査を、ホットパックを当てるだけの簡単なリハビリをしました。

整形外科に1250円

幸い、それから腰痛は落ち着いたのでリハビリは行きませんでしたが、

もっとひどい方はリハビリ代も必要になってくるかもしれません。

 

クラミジアが発覚

 

全くの無症状だったのですが、妊婦検診の際、自分がクラミジアだということが分かりました。

赤ちゃんの器官形成期が終わってから、薬を4錠飲みました。

この薬、妊婦の分は無料でしたが、

夫婦揃って飲む必要があるため、旦那さんの分は自費(1980円)でした。

 

薬を飲んだ後、クラミジアが治ったかどうかを知りたいと申し出たところ、

この検査は有料で、1040円かかりました。

 

1回服薬しただけで治っていたので、追加のお薬は出されずに済みました。

 

 

血液型がRh̠̠⁻だった!

 

 

血液型がRh⁻の妊婦さんが次の子どもを望むなら、

自分の中にRh̟⁺に対する抗体ができないようにしなければいけません。

 

そのために筋肉注射を打ちます。

この注射がなければ、次からの妊娠が絶望的になってしまうとか。

 

ただ、この注射も保険外なんです。

そしてめちゃくちゃ高い。

なんと22,740円(再診料含む)

これが自費は痛いですね…。

 

 

他の病気にかかったため、産院をうつることに!

 

職場で結核の患者さんと関わったことによって自分も結核になり、

大きな病院にうつることになりました。

 

この時、元々通っていた産婦人科からの紹介状が必要だったのですが、

それが2240円(再診料含む)かかりました。

 

 

妊娠後期、貧血のため鉄剤が処方

妊娠後期になると、貧血になり、徐放性鉄剤が処方されました。

これは2週間分で590円でした。

 

まとめ
妊娠中は何があるか分かりません。様々な医療費がかかってきます。医療費の領収書はとっておき、年間で10万円以上かかったら確定申告をして、医療費控除を受けるようにします。

 

 

マタニティ用品

マタニティウェア

普段からワンピースを着ていた人であれば買い足す必要はないでしょうが、

そうでなければ、お腹が出ても着ることができるような服を買う必要があります。

マタニティウェアの値段はそこまで高くなく、

夏服で1200円~3900円でした。

 

私は手持ちのワンピースと合わせて妊婦生活を送り、マタニティウェアは1着しか購入せずに済みました。

 

 

妊娠中に喪服が必要になった!

稀なケースだと思いますが、妊娠7か月の時に通夜・告別式に参加する機会がありました。

当然、今までの喪服は着ることができなくなっていたので、急いで黒いワンピースを買いに行きました。

こればかりは予測ができませんが、

妊娠してすぐに黒いワンピースを一着買っておけばよかったなと後悔しました。

 

マタニティショーツ

妊娠6か月になった頃からマタニティショーツを履いています。

お腹が大きくなると、今までのショーツではお腹を冷やしてしまいます。

 

マタニティショーツではおへその上の辺りまで隠せるので、

保湿になり、妊娠線の予防も期待できます。

 

ローズマダム マタニティショーツ 3枚組   (0331)綿100% 累計41.3万枚販売 セット M-LL 下着 パンツ 妊娠 帝王切開 出産準備 産前 マタニティ rosemadame 【メール便可】

価格:1,320円
(2020/8/24 15:48時点)
感想(686件)

また、恥ずかしい話、普通のショーツだと、お腹が大きくなると下の毛がはみ出るんです…

しかも、自分はお腹の下が見えないのでそれに気づかない…

恥ずかしいですよね。

こんなことなら妊娠初期からショーツを変えておけば良かったと思いました。

 

授乳ブラ

妊娠初期の頃から、胸が大きくなりはじめ、普段のブラでは息苦しさを感じるようになりました。

締め付けがなく、授乳中も使えるようなブラを購入しました。

(ケラッタ) 授乳ブラ セット 5枚 マタニティ ブラジャー 授乳ブラジャー ノンワイヤー 前開き クロスオープン ハーフトップ 綿 コットン 産前産後 兼用 授乳 ブラ マタニティブラ 延長ホック付き 4サイズ 大きいサイズ LL 3L【送料無料】

価格:3,480円
(2020/8/24 15:52時点)
感想(119件)

↑母乳パットを入れることもできるので、入院時から使えそうです。

ノンワイヤーなので寝る時も痛くなく、気に入っています。

妊婦は眠りが浅くなるので、少しでも心地よく過ごせるのはありがたいです。

腹帯・骨盤ベルト

戌の日に安産祈願で腹帯を巻くとされています。

腹帯はお腹が冷えるのを防ぐことができ、保湿にもなります。

また、腹部を支えることができるので、お母さんの身体の負担を減らすことができるそうです(これは科学的な根拠はないらしい)。

骨盤ベルトと皮膚が直接当たるのが嫌で購入しましたが、

マタニティショーツを購入してからは、ショーツだけで充分だったなと思います。

約3300円で購入できました。

 

【メール便送料無料】犬印マタニティ 犬印本舗 INUJIRUSHI サポートアップ妊婦帯 HB-8055 補助腹帯 ピンク M、L

価格:3,341円
(2020/8/24 15:47時点)
感想(353件)

骨盤ベルトは腰痛予防になります。

妊娠初期から使え、

産後の骨盤矯正も期待できます。

こちらは約5000円でした。

【メール便送料無料】マタニティベルト 骨盤ベルト 産前産後 妊婦帯 犬印本舗 なが~く使えるマタニティベルト【Mサイズ Lサイズ】M/L HB-8149 犬印 INUJIRUSHI(あす楽・代引き・宅配便は送料追加)

価格:4,950円
(2020/8/24 15:45時点)
感想(241件)

妊娠後期では特に、骨盤ベルトがあったほうが楽に歩くことができました。

 

 

ボディクリーム・会陰マッサージ用のオイル

妊娠線を予防するために、

普段よりも沢山もボディクリームが必要になります。

より保湿力の高いものを選ぶ必要があります。

私も、妊娠初期からずっと保湿を心掛けていましたが、妊娠線ができてしまいました。

お風呂上りの保湿だけでは足りないようです…。

【無添加】 マタニティクリーム 1本 120g | 妊娠線クリーム 妊娠線 クリーム ママニック 保湿 ボディクリーム 肉割れ 妊娠 妊娠線ケアクリーム ストレッチマーク マタニティ 無添加 低刺激 妊婦 産前 産後 産後ケア 送料無料 ▼ネコポス不可

価格:3,080円
(2020/8/24 15:58時点)
感想(9件)

妊娠線はできてしまうと一生消えないので、お金をかけてでも予防したいですね。
妊娠34週に入ると、出産時の会陰切開の傷を緩和するために、会陰マッサージをします。

(早産が心配される人はしないほうが良いです)

 

会陰マッサージには植物性のオイルを使用します。

カレンデュラオイル 160mL 妊婦さんの会陰マッサージと赤ちゃんのスキンケアに!AMOMA カレンデュラオイル 会陰 会陰マッサージオイル 妊娠後期 乳頭 ケア 授乳 肌荒れ 赤ちゃん おむつかぶれ 保湿 乳頭ケア

価格:2,499円
(2020/8/24 16:00時点)
感想(358件)

↑このオイルは乳頭マッサージにも使用できます。

身体の中に入るものなので、専用のものを使いたいですね。

 

妊娠中はボディクリームやオイル等のお金が継続的にかかってきます。

 

代用ができる物もいっぱい!

様々なサイトで、「あれも必要」「これも必要」と、かなり沢山も物が妊婦には必要であるように書かれていますが、

実際には、そこまで必要のないものもあります。

 

抱き枕→あると便利ですが、毛布や枕で代用可能です。

母子手帳ケース→妊婦の無料キャンペーンなどで貰うことができるので、購入必要はありませんでした。

自分が持っているマルチケースでも代用可能。

 

腹帯→安産祈願として持っておきたい人は別ですが、個人的にはマタニティショーツだけで良かったなと思います。

 

実際に自分が必要だと思ってから、買い足していくくらいでちょうど良いと思います。

 

食費

妊娠初期の頃は、食べつわりがあり、

間食のためのお菓子や果物を沢山買っていたので、その分食費がかかりました。

 

自炊するにも作る気力がなく、旦那さんがいない時はお惣菜やお弁当を買っていたので、

普段より食費が月に5千円ほど高くなりました。

 

妊娠中期は食欲が湧いて、身体が甘い物やすぐに食べれるものを欲し、

パンをよく買うように…

↑ 結果体重が増えすぎてしまったので後悔しています。

 

全期間を通じて、普段よりも栄養のバランスを考えて食事しようと思っていたため、

平均毎月5千円ほどは食費がかさみました

 

 

サプリ代

 

妊娠中~授乳期にかけて、葉酸を多く摂ったほうが良いとされていますが、

食事だけではどうしても不足してしまいます。

私はドラッグストアで販売されている、1か月900円ほどの葉酸サプリを飲んでいます。

 

また、妊婦さんによっては鉄、カルシウム、ビタミンもサプリで補ったほうが良い方もいるみたいです。

 

 

光熱費

 

産休、育休に入ってからは、ずっと家にいるので、光熱費が高くなりました。

特に、私は真夏に産休に入ったこともあり、

電気代だけで月に普段+3千円もかかってしまいました。

 

まとめ

これまでの金額をまとめると、

医療費      38,160円

 

マタニティ用品  約25000円

 

食費       約5000円(+でかかった分のみ)+サプリ代

 

光熱費      約3000円(+でかかった分のみ)

 

ざっくり計算して約7~8万円、妊婦自身にお金がかかります。

 

もちろん、健康状態や、周囲の協力体制によっても大きく出費が異なると思いますので、一概には言えませんが、

普段よりも出費がかさむのは仕方ありません。

お金の心配でストレスを溜めることなく、妊娠生活を楽しんでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です