【夫婦二人暮らし】4パターンの家計管理から、合うものを考えよう

同棲を始めた時、

結婚をした時、

考えなければいけないのが家計管理のことです。

お金の問題はパートナーとの仲の良し悪しを決める重要事項です。

しっかりと話し合い、お互いに納得のいく家計管理の方法を探しましょう。

家計管理にはどんな種類がある?

①夫(妻)小遣い型

パートナーのうち、どちらかが全収入を管理し、毎月決まった額のお小遣いを相手に渡します。

家族の人数が多い時や、夫婦に収入の差がある時はこの方法が管理しやすいです。

メリット

・家庭全体での収支が見えやすい

・家族が増えた時に対応しやすい

・お互いの収入に差があっても不満が募りにくい。

デメリット

・小遣いになっているほうの働くモチベーションが下がりやすい

・管理している方がマメでなければ貯金が貯まりにくい

 

 

②項目分配型

家賃と光熱費は夫、食費は妻 など、項目ごとに担当を決める方法です。

小遣い制同様、家族の人数が多い時や、夫婦に収入の差がある時はこの方法が管理しやすいです。

メリット

・節約次第では自分の支出を減らすことができる

・家計管理が分かりやすい

・余ったお金を自分の好きに使うことができる

デメリット

・お互いに不満が溜まらないよう、柔軟な対応とコミュニケーションが必要

・自分で貯金をしていく必要がある

 

 

③完全折半型

毎月、支出を報告し合い、かかった額を足して2で割る完全折半型です。

夫婦の収入がほとんど変わらない場合は、この方法が喧嘩が起こりにくいです。

二人とも金銭管理ができるカップルは向いている方法だと言えます。

メリット

・お互い自分の好きなことにお金を使うことができる

・働くモチベーションを保つことができる

デメリット

・何にいくら使ったか、記録が必要

・妻の育休、産休など、収入に偏りが出た時は再度検討が必要

・嗜好品は二人の支出かどうか等、細かい話し合いが必要

 

 

④一定額共同財布型

決まった額をお互いに出し合い、家賃や食費など必要なことに使ったのち、余った分を貯金に回す方法。

二人の収入に差がない場合が良いです。

メリット

・家計管理がしやすい

・「二人の貯金」を作ることができる

・自分の好きなことにもお金を使うことができる

デメリット

・妻の育休、産休など、収入に偏りが出た時は再度検討が必要

 



結局、家計管理はどれが一番良い?

結論、人それぞれ異なります。

両方家計管理が苦手 → ④一定額共同財布型

片方が家計管理が苦手→ ①小遣い型、②項目分配型

両方家計管理が得意 → ③完全折半型

に分けられます。

 

家族構成が変わった時はその都度見直していく必要があるでしょう。

また、

・共通の趣味がある場合、その支出はどうするか

・貯金、節約の目的は同じか

・金銭感覚が極端に違わないか

・冠婚葬祭などの大きな出費の時はどうするか

・どんな暮らしをしていきたいか

など、お互いの価値観をよく知っておく必要があります。

 

価値観を同じにする必要はありません。

ただ、価値観を「知る」ことができれば、

「あぁ、こういう価値観の人なら、こうしたいって言うのも分かるな」と、理解することができます。

お金に左右されず、ストレスを溜めないようにしておきましょう。

 

 

どの方法でも喧嘩しないコツ

なによりも大切なのはコミュニケーションです!

どんな方法をとるにしても、お互いに納得している状態であれば、喧嘩は起こりにくいです。

はじめに決めたルールは、実際の生活の中で不具合が生じてくることも多いので、

なにか不便な点がみつかったらその都度、すぐに話し合いを行えるように、

普段から一緒に話す時間を確保しておきましょう。

①夫(妻)小遣い型

②項目分配型

③完全折半型

④一定額共同財布型

どれが一番良い方法かは、カップルによって異なりますので、

ぜひパートナーとよく話し合ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です