新婚さんに読んでほしい【ストレスなく過ごす方法】

結婚は私たちに様々な幸せをもたらしてくれます。

しかし、結婚をしている・していないに関わらず、

同棲を始めるとなると、

なにかとストレスにもなります。

 

この記事では、共同生活を始めたカップルが、できるだけストレスなく過ごす方法をまとめました。

ストレスなく過ごす方法5つ

共有スペースには物を置かない

共有スペースが乱雑であると、人はストレスを感じます。

私物は自分の部屋に置き、共有スペースはシンプルな状態を保ちましょう。

 

共同生活であっても、「自分の空間」を持つことが一番です。

 

 

お金の話はお互い納得いくまでじっくりと

生活費は、お互いに納得するまでじっくりと話し合いましょう。

どちらかが我慢していたり、損をした気になっていると、

後々大きな問題に発展する可能性があります。

 

生活を始めたばかりの時に話し合うのが一番ですが、

生活スタイルはその都度変化していくものです。

話合いを重ねましょう。

 

話し合っていたほうが良い事の一例

 

・お小遣い制か、生活費折半型か

・2人の共有の貯金通帳は作るか

・保険は入るか

・車などの大きな出費の時はどうするか

・子どもの貯金はどうするか

・マイホームへの価値観

 

話合った内容は、その場で相手が見ている状態でメモに書くのがベストです。

後で「言った・言ってない」の言い争いにならずに済みます。



 

不満はその場で伝える

 

何か気に入らないことがあったら、その場で相手に伝えましょう。

後々の喧嘩で、

「あなたはいつもそう!」

とか、

「あの時もそうだったけど!」

と言うのは絶対にやめてください。大喧嘩に発展します。

 

不満を感じたら、その場で解消するようにしましょう。

 

 

私もその場で伝えるようにしていますが、ついつい感情が入ってしまった時は旦那さんが

「テイク2」と言います。

これを言われたら冷静な言葉を選んで言い直さないといけないという我が家のマイルールです(笑)

 

 

「察してほしい」という考えは捨てる

思っていることがあったら、口に出して伝えましょう。

態度で示して、「察して」という雰囲気を出すと、

相手には伝わらず、時間のムダになるどころか、

ものすごくストレスが溜まります。

 

何かお願い事や、しておいてほしいことがあったら、

スッと相手に一言伝えましょう。




 

個人の時間を確保する

 

お互いに好きなことをできる時間は確保しておきましょう。

1日のうちで1人の時間を必ず持つことで、精神を安定させることができます。

夫婦生活によくある不満が

「自由な時間がない」

です。

趣味に没頭できる時間を持つことが大切ですね。

 

そのために、物件選びの際は狭くても部屋数の多い物件にすることがおすすめです。

 

子どもが生まれてからは、育児の負担がどちらかにかかり過ぎないように、また話し合いをしましょう。

 

 

話合いがなにより大切

ここまで、5つのコツをお話しましたが、

まとめ

コミュニケーションが大事

です。普段からよく話をすることで、

相手の思考を理解することができますし、

自分の考えを伝える時間も生まれます。

 

よくコミュニケーションを取る時間がとれないことが、

後に深刻な問題へと発展していきます。

 

話合いが足りてないなと感じる時は、無理にでも時間を作るようにしましょう。

 

相手が話し合うことを拒否したり、穏やかに話ができない時は、

第3者に相談してみても良いかもしれません。

 

最後に

せっかく、好きで一緒になったんですから、

その時の幸せな気持ちを維持したいですよね。

 

コミュニケーションを大切にして、パートナーとの幸せな時間を過ごしましょう。

ストレスは一人で抱えず、パートナーに伝えたり、

それが難しい時は周囲に相談してみたりしてください。

 

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です