【レジ袋有料化!】あなたはどっち?ここで差が出るお金持ちと貧乏人の違い5選

2020年7月1日、レジ袋の有料化がスタートします。

たった5円。

しかし、ここでマイバックを持つか否かで、

お金持ちと貧乏人がはっきりと分かれます。

 

お金持ちと貧乏人の違いは、よくメディアでも取り上げられていますが、

ここではもう一度、深堀して見て行きましょう。

 

お金持ちと貧乏人の違い5選

お金がすぐに貯まる人と、そうでない人の違いは、考え方にあります。

あなたはどちらの考えにあてはまりますか?

 

ムダが嫌いなお金持ちvs「いつか使える」貧乏人

お金持ちはムダをとことん嫌います。

 

レジ袋のたった5円であっても、必要がないと感じたら、

絶対に払いません。

レジ袋がたとえ1円だったとしても払わないでしょう。

 

金額が問題なのではなく、必要か否かで判断しているので、

不必要なものには1円たりとも払いません。

それを見て、お金持ちではない人は「ケチ」だと言いますが、

そもそも価値観が違うのです。

 

 

一方、貧乏人は、「いつか使えるかもしれない」と、

ムダだとは思うものもとりあえずお金を払います。

レジ袋は、いつかゴミ袋に使えるかもしれない。

そう考えて毎回5円を払います。

 

しかし、多くの場合、もうすでに、家には沢山のレジ袋がストックされています。

「いつか使える」で溜まったレジ袋は、一定のスペースを常に奪っています。

 

こういう人はレジ袋以外にも、ものを貯め込む性格なので、

家はどこか雑然としています。

 

 

スマートなお金持ちvs物が多い貧乏人

前の章でもお話しましたが、

お金持ちはとことんムダを嫌うので、持ち物は自然と厳選されていきます。

買い物をする時の基準は、値段ではなく、価値を見ているので、

少数精鋭で、より良いものを持つことになり、

センスも磨かれていきます。

 

 

貧乏人が買い物をする時の基準は「値段」がほとんどです。

「安いから買っておこう」によって集められた持ち物は、

どこか統一感がない印象になっていきます。

買った時にそこまで悩んだわけでもないので愛着も湧かず、

すぐに次の新しいものへと目が移ります。

 

貯まるシステムのお金持ちvs減る仕組みの貧乏人

お金持ちはなにがムダなのかを常に考えることができるので、

自然とお金が貯まっていきます。

また、自ら情報収集をする傾向にあり、

勉強を重ねるので、情報に振り回されず、お金が貯まるシステムを組んでいくことができます。

 

 

一方貧乏人は、なにがムダなのかをよく考えていないので、

レジ袋の5円、ATM手数料の108円、コンビニの割高商品、リボ払い、ローン決済など、

お金が減っていく生活をしています。

 

受け身の姿勢で、情報は人から与えられることが多いので、

騙されてしまうことも。

 

 

素直なお金持ちvs意地を張る貧乏人

この見出しを見て、「逆じゃないの?」と思った方もいるかもしれません。

 

お金持ちは、分からないことは「分からない」「教えて」と言うことができます。

 

しかし、貧乏人は、分からないことは「へぇ~」と、

興味のないフリを装うか、

少しは知っているフリを装います。

 

この時、素直なのは、お金持ちのほうです。

貧乏な人は、興味のないフリを装ってしまったばかりに、知識を得るチャンスを失っています。

 

また、貧乏な人は、お金持ちの人を見て、

・お金にがめつい

・ケチ

・なにか汚い事、怪しい事をしている

・お金が全てじゃない

 

と言いますが、お金持ちの人は、

お金を得ることよりも、お金がもたらしてくれる自由な時間や、

ストレスのない生活に魅力を感じているのです。

 

それがピンとこないうちは貧乏な人にお金は入ってきません。

 

 

価値観がはっきりしているお金持ちvs人に流される貧乏人

お金持ちは、自分の価値観がはっきりしているので、

人には流されません。

流行の服よりも、自分に似合う服を選びます。

 

人が良いと言った車よりも、

自分の生活に必要なスペックの車を持ちます。

 

 

貧乏人は、自分が何を好きかもよく分かっていないので、

流行の服、人が良いと言ったもの、人から入ったほうが良いと言われた保険、

人から勧められた生活をします。

 

ブランド品で身を固め、人からの評価を気にする人生。

手厚い保険に入り、定年後までマイホームのローンを払う。

それは自分が望んだ人生?それとも、人から勧められた人生?

 

 

お金持ちになりたい人は

大切なのは、自分で情報を得にいくことです。

常に頭を使い、なにがムダなのかを見極めます。

「お金には興味ない」と意地を張らずに、勉強を重ねます。

そうすれば、今よりも少ない努力で、生活の満足感を得ることができます。

 

 

まとめ
頭を使うことをやめずに、勉強を続けよう!

 

 

拝読ありがとうございました。

【物欲の鎮め方】ミニマリストへの道編「絶対欲しい」以外は買うな!【物欲の鎮め方】ミニマリストへの道編「絶対欲しい」以外は買うな!貯金したいなら最低これはしなきゃ!お金管理のコツ7選貧困女子の節約生活。光熱費を下げるには

 

この記事では、お金持ちと、そうでない人の違いをはっきりとさせるために

見出しに「vs」が入っていますが、両者を戦わせる意図は決してありませんのでご理解ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です