【あなたはいくつ当てはまる?】お金が貯まらない汚部屋住人の特徴。ミニマリストが徹底解説

私の両親は、50代で貯金がゼロです。

 

父が32歳の時に、30年ローンで一軒家を購入。

その後、一軒家は、ゴミ屋敷とは言わないまでも、物で溢れかえり、

リラックスのできない家に変貌していくのでした。

50代で貯金ゼロ!マキシマリストな私の家族。実家はまるでゴミ屋敷

 

私の両親を見ていると、世間でよく言われている汚部屋住人との共通点が見えてきます。

あなたはその特徴に、いくつあてはまりますか?

 

汚部屋の特徴

万年床

床に布団が敷きっぱなしになっていませんか?

 

☑ 布団が常に敷かれた状態である

 

☑ 1年以上シーツを洗っていない

 

☑ ベッドの上に物が散乱している

 

布団が常に敷かれた状態にあるだけで、部屋はだらしなく見えますね。

毎日布団を畳むのが面倒だという人は、ベッドでの生活が良いかもしれません。

ベッドの上に物が散乱している人は、物を減らすことを検討しましょう。

 

ミニマリズムって気持ちいい!手放して人生を豊かに。ミニマリストになるには

 

食器棚

↑実家の食器棚。昔よりはだいぶマシになりました…

 

☑ 棚の奥の食器は存在も覚えていない

 

☑ 家族の人数以上に同じものがある

 

☑ 用途の限られる食器が多い

 

☑ 棚に、食器以外のものが入っている

 

☑ 来客時用が多い

 

 

家族が多くなると、食器は増えてしまいがちですよね。

来客時に備えて食器を持つ必要はありません。

毎週のように大人数でパーティをしているのであれば話は別ですが、

そうでなければ、来客時は紙皿と紙コップを使うと割り切って、

家族の人数分だけの食器を持つようにしましょう。

 

家族の食器は、お気に入りのものだけを残します。

欠けた食器、ヒビの入った食器、気に入っていない食器はすぐに捨てます。

 

洋服

☑ 布団やソファの上に、散乱している

 

☑ クローゼットに収まり切れないほどの服がある

 

☑ 2年以上着ていない服が何着もある

 

☑ 「こんなの持ってたっけ?」という服がある

 

☑ 衣装ケースが閉まらない

 

収納スペースが足りなくなった時、

汚部屋住人

また収納グッズを買おう!

片づけ上手

洋服を減らそう!

 

こんなにも考えに違いがあります。

 

汚部屋住人は常に足し算の考え、片づけ上手は引き算の考えを持っているのです。

 

洋服はクローゼットに7~8割収まるくらいの量にしておくと、すっきり見えると言われています。



使っていないものが多い

 

自分の持ち物を把握していないと、こんなことが起こります。↓↓↓

☑ どの乾電池が使えるやつかわからない

 

☑ 同じ物が複数個ある

 

☑ 未開封の購入物品がある

 

また、よくあるパターンが、

☑ 壊れた家電を処分できていない

 

☑ 思い出の品を捨てられない

 

☑ まだ使えるもの、もったいなくて捨てられない!

 

汚部屋の方はこのような悩みを抱えている方が多いです。

 

なぜ汚部屋だとお金が貯まりにくいのか

汚部屋に住んでいる人は、

自分の持っているものを正確に把握できていません。

その結果、似た物・同じ物を購入してしまうことがあります。

 

よく物をなくすので、「また買うしかないか…」と思うこともしばしば。

買ったあとに、探し物が棚の奥からひょっこり出てくるなんてことも…。

 

購入時にこだわりがない分、物にも愛着がないので、

すぐに新しいバージョンのものが欲しくなります。

 

これではお金が貯まるはずがありません。

☑ 自分の持ち物を把握していない

 

☑ よく物をなくす

 

☑ 買う時にあまり悩まない

 

また、物が多いと、その分沢山のスペースが必要になり、

広い家に住む必要が出てきます。

広い家に住むと家賃が高くなります。

 

固定費がかさみ、貯金ができなくなります。

 

汚部屋を作らないためのシステム作り

ミニマリズムの考え

ミニマリストになりましょう!

と言っているわけではありませんが、

物が多くて、片づけに追われて、気持ちが沈んでいる状態の人は、

一度ミニマリズムの考えに触れてみることをおすすめします。

 

ミニマリズムって気持ちいい!手放して人生を豊かに。ミニマリストになるには

 

物に振り回され、

「あぁ、あれもしなきゃ」

「これ片づけなきゃ」

と考えて気持ちを暗くするのはもうやめにしましょう。

 

 

今から始める片づけ方法

「あとでこれしよう」と思っていることを、今しましょう。

「あとで」と思うのは、それで何回目ですか?

同じことを繰り返し考えるのは、時間がもったいないです。

 

せっかく目の前の仕事に気が付いたんですから、今片づけてしまいましょう。

何を捨てたら良いかわからない、という方は、ぜひ関連記事をご覧ください。

即片づけ!スッキリした部屋にするためにモノを減らそう!ミニマリストになる方法

 

家にいる時間を増やそう

家がただ、寝るだけの場所だったら、

居心地の良い空間にしたいとも思いません。

 

片づけをする時間もありませんし、

インテリアにこだわる時間もありません。

 

仕事が終わったらすぐに家に帰り、

リラックスできる環境を整えると、部屋は綺麗になっていきます。

 

また、家にいて自分の時間を確保できることで、

自己投資の時間を作ることができたり、

外で過ごすことによる支出を減らすことができます。

 

さいごに

汚部屋に住んでいたとしても、

それで本人が毎日快適で、この上なく幸せなら、

なにも問題はありません(健康被害は否めませんが…)

 

問題は、物に振り回されて、気持ちが沈み、

貯金もできないのでさらに将来を不安に思い…

 

こんな悪循環を抱えている人です。

 

そんな方の手助けができれば幸いです。

拝読ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です