【ミニマリスト】捨てると家事の時間を減らせる物

ミニマリストの人は、必要最低限の物で暮らしているおかげで、

家事の負担も最小限で済んでいます。

 

では、具体的に、家の中から何を減らせば、家事の時間を短縮することができるのでしょうか。

その物が持つメリットデメリットについてよく考えれば結論がでます。

ひとつひとつ見ていきましょう。

バスタオル

【メリット】

・風呂上りの身体がすぐ乾く

・子どもでも拭き残しが少なくて済む

 

【デメリット】

・洗濯時、乾くのが遅い

・フェイスタオルで代用可能

・体積が大きいので、洗濯機を回す回数が増え、経済的でない。

・収納スペースも取る

 

つまり、バスタオルをフェイスタオルにすることで、

洗濯の回数を減らすことができ、さらには生乾きのストレスからも解放されます

 

 

 

ソファ

ソファがあると、腰を屈めてソファの下まで掃除しなければいけません。

それをサボると、ソファの下がホコリまみれに。

模様替えも大変になります。

 

元からソファがなければ、掃除の労力が格段に減ります。

 

 

カーテン

カーテンは、必ずしも不必要なわけではありませんが、

無かったら、カーテンを掃除する手間が減ります。

結露後のカビと戦うことも、カーテンロールの上のホコリを除去することもなくなるでしょう。

 

しかし、これは生活スタイルによるので、

もう少しカーテンについて詳しく考えたい方は下の記事をご覧ください。

ミニマリストもカーテンは必要?女性ミニマリストは必要最低限の生活にもカーテンは必須

 

マット類

ラグ、キッチンマット、玄関マット、トイレマット、バスマット

全て、無いほうが家事の手間が減ります。

 

【メリット】

マット類を使うことによるメリットは、

・保温

・緩衝機能

・手軽に部屋の雰囲気を変えられるインテリアとしての機能

・風水の世界ではマットを敷いたほうが良いとされている

 

【デメリット】

・洗濯が手間

・マメに洗濯しなければ不衛生

・布製品にはダニが繁殖しやすい

・ホコリが吸着する

・ルンバが稼働しにくい

・子どもが引っかかる危険がある

 

メリットとデメリットを考えた結果、デメリットのほうが大きいので、

我が家ではマット類は敷いていません。

 

食器類

食器棚の奥で眠っている食器はありませんか?

 

その、使っていない埃だらけの食器を使う前に、

また一度洗い直す。

これほどムダな時間はありません。

 

食器は、常に出番がある状態を作っておきましょう。

必要以上に持つ必要はありません。

 

来客時は紙皿や紙コップを使うことを想定しておけば、

食器のストックは持たずに済みます。

 

洋服は生地を選んで

セーターやシャギーニットは、

・手洗いが必要

・乾きにくい

・毛玉になる

とにかく手入れが大変です。

 

ジーンズ生地の衣服は、

・乾きにくい

・新品は他の物と分けて洗う必要がある

 

など、生地によって手間が異なります。

 

デザインだけではなく、そのものにかかる手間も考えて購入したいですね。


最後に

なかったら家事の手間が減るものは、

ほとんどのミニマリストが持っていないものとイコールです。

 

家事が大好きな人なら、ここまで一つ一つの物と向き合う必要がないかもしれませんが、

ほとんどの人は家事が好きではないと思います。

 

減らせるものは減らしてみて、家事に時間を奪われない快適な生活を手に入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です