【仕事の効率化】女性ミニマリストが実践する時間の節約方法

やりたいことが多すぎて、いくら時間があっても足りない。

そう感じている方はいませんか?

 

この記事では、フルタイム勤務しながらも数々の副業をこなす私が、

時間の節約方法についてご紹介します。

 

沢山の副業をこなす妊婦

 

軽く私の自己紹介します。興味のない方は読み飛ばしてください。

・精神科の作業療法士として平日5日フルタイム勤務

・夫と二人暮らしの妊婦

・家では切り絵作家、ブロガー、YouTuber、ハンドメイドアクセサリー作成、ココナラ、クラウドワークス、LINEスタンプ作りなど、様々なことをしています。

沢山の生産的活動をするには、時間を節約しなければいけません。

 

時間の節約方法

①SNSの通知をOFFに

あなたが眠りにつこうとしている時、

通知が気になり、すぐにスマホを開いたら、

大して興味のない内容だった。

 

こんな経験はありませんか?

あなたはスマホの通知が気になったばかりに、数分をムダにしてしまったのです。

 

この数分が積み重なると、人生の大きな時間ロスになります。

SNSの通知はOFFにしていても、人生になんの支障もありません。

 

LINEですらも、緊急時しか連絡して来ない人だけ通知をONにしておけば、あとはOFFでも良いです。

 

 

②無意味にスマホを触らない

 

特に調べたいこともないのに、

誰かから連絡が来ているわけではないのに、

なんとなくスマホを触っている方は要注意。

 

人は、自分が「1日1時間くらいスマホ触ってるかも」という時間の、3倍もの時間を、スマホを触って過ごしているそうです。

「1時間かも」と思ったら、実際には1日3時間触っていることになります。

 

1日3時間を生産的な時間に当てることができたら、人生が今よりも充実することは間違いありません。

 

私は実は、無意味にスマホを触る側の人でした。

必要もないのにSNSを徘徊したり、ただスマホの画面をつけて、何か通知が来ていないか確認をしたりしていました。

 

この自分のスマホ依存を逆手にとって、今はLINEスタンプ作りをしています。

スマホのアプリを使ってイラストを作成することができるので、

スマホをいじる時間を強制的に生産的な時間に変えたのです。

 

今では「ただなんとなくスマホをいじる」という時間はほとんどなくなりました。

 

 

③買い物はまとめて

 

買い物に費やす時間も、できるだけカットします。

必要なものは、その時に買うようにします。

例えば食品であれば、毎日スーパーに寄るのではなく、

数日分まとめて購入したり、

作り置きが上手な人はもっと長い期間買い物に行かなくても済むように食材を買うことで、

時間の短縮になります。

 

買い物に行く回数を減らすと、

衝動買いも減らすことができて、経済的な節約にも効果があります。

 

 

④お風呂の時間にインプット

シャワーを浴びている時、お風呂に入っている時は、

絶好のインプットチャンスです。

音声だけでも分かるYouTubeチャンネルを聴いて、知識をインプットしましょう。

 

お風呂に入っている時って、色々を考えますよね。

嫌なことがあった日は特に、お風呂に入りながらYouTubeを流して、

暗い気持ちにならないようにするのがおすすめです。

 

最近はラジオ系のYouTubeもよく目にしますね。

 

クリエイティブな仕事をしている方は、

人はお風呂にいる時が一番新しい発想が出やすいと言われているので、

無理にインプットの時間にする必要はありません。

 

 

⑤気の乗らない付き合いは削除

自分が楽しいと思う人間関係ならば良いですが、

気が乗らない、会うと嫌な気分になる

そんな人間関係に時間を費やす必要はありません。

 

あなたの人生なので、好きなことに時間を使いたいですよね。

とはいえ、会社で働いていると、好きな人とだけ付き合うのも難しいですよね。

 

それでも、10回中3回を断ることができたら、ストレスが30%減ります。

5回断れたら50%減ります。

このように、数字で考えると、合理的に考えることもできるようになります。

断れる時に断ることで、誘われる回数も次第に減っていくでしょう。

 

一番大事なのは、自分の気持ちを大切にすることです。

 

 

⑥物を減らして、家事の負担を減らす

家にあるものを減らして、家事の時間を減らしましょう。

ものが減ると、

・ホコリが溜まりにくい

・置き場を考える手間がなくなる

・その物自体の手入れをしなくて良い

・探し物をする時間が減る

など、たくさんのメリットがあります。

 

ミニマリストは、時間の節約が上手な人が多いので、

自分を発信する時間に費やせる人が多いですよね。

ミニマリストでYouTubeやSNSをしている人をよく目にしませんか?

 

彼らは物を減らすことで空いた時間を、自分の好きなことに費やしているのです。

 

 

⑦自分じゃなくても良い仕事は、人にお願いする

 

たとえば私は、フローリング掃除の時間を短縮するために、ルンバにお願いしました。

2日に1回フローリング掃除をしていましたので、

週に1時間~1時間半もの時間を節約することができました。

 

自分じゃなくてもできる仕事は他にお願いすることで、

自分にしかできない仕事に時間を費やすことができます。

 

相手が機械ではなくて人であれば、

相手の意欲を引き立たせるお願いの仕方をすれば、

相手は愛他的欲求(人のためになったという気持ちが自己愛を満たす)を満たすことができ、

WIN-WINの関係を築くことができます。

 

仕事ができる人は、人のモチベーションをかきたてる言葉かけが上手ですよね。

何でも自分でこなす人も努力家ですごいと思いますが、

人に上手く仕事を振れる人は一流だなと思います。

 

節約できた時間を何に使うか

時間の節約ができたら、空いた時間で何がしたいですか?

 

ここが明確でなければ、せっかくできた時間を、

別のムダなことに費やしかねません。

 

自分にとって何が大切なのか、

やりたいことはなにか、

誰と、どんな気持ちで過ごすのが大事なのか

 

自分の価値観をはっきりと持っておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です