【モーニングルーティン】メンタルが強くなる朝の過ごし方。ズボラでもできる理想的な朝を迎えて幸せな一日に

 

一日で最も脳が活性化している時間帯が、朝です。

あなたはその朝を、どのように過ごしていますか?

 

仕事に遅れそうでハラハラ。

家族の世話に追われてバタバタ、自分の手入れをしている時間なんてない!

私は以前は、眠たいのに行きたくもない仕事に行かなければいけないことに、一人でイライラしていました。

 

しかし、朝の習慣を変えたことで、憂鬱な朝が、大好きな時間に変わったので、

朝の時間帯にセロトニン(幸せホルモン)をより多く出す習慣をご紹介します。

 

今までより一時間早起きする

朝の幸せ習慣を実践するために、まずは朝の余白を増やさないといけません。

早起きをすることによって睡眠時間が短くなってはいけませんから、夜は早く寝るようにしましょう。

7時間程度の睡眠をとっていると、免疫力が低下することはないと言われています。

新型コロナウイルスを例に挙げると、5~6時間睡眠の人は、7時間睡眠の人に比べて4.2倍感染してから発症するリスクがあるそうです。

 

朝6時に起きたい人は23時までにに寝たら良い、と考えると、そんなに無理なスケジュールではありませんね。

 

窓を開けて、朝陽を浴びる

窓を開けて、朝陽を浴びましょう。

こうすることで体内リズムが整います。

 

新鮮な空気を沢山吸って、思考をクリアにします。

サンキャッチャーに照らされた部屋の中を眺めると、幸せな気持ちになることは間違いなし。

 

瞑想する

10分ほど瞑想をします。

はじめは10分が長く感じるので、5分で瞑想してました。

瞑想のプロではありませんが、自分の気持ちがスッキリすれば時間は長くても短くても良いのではないかと。

YouTubeでチベット音楽を流しながら行っています。

 

私が瞑想中に考えているのは、まずは頭を空っぽにすること。

それから、前向きで幸せな思考で頭の中を満たします。

前向きで幸せな思考

・人生は喜びのためにある
・自由、成功、幸せ、最高!
・今日はどんな楽しいことをしよう
・自分を大切にしよう

・誰の個性も素晴らしい!私は素晴らしい人だ!

ふと嫌なことが頭をよぎっても、すぐに切り替えるようにしています。

未来は意識した通りになります。

なりたい未来を強く意識することで、未来を幸せにすることができるのです。

 

瞑想後、軽くストレッチ。背伸びをしたり首を回したり、ゆっくりと身体を動かします。

 

 

朝食

「朝食は摂らなくても良い」と言う学者や著名人が沢山います。

なので朝食はあってもなくても良い習慣かなと思いますが、

私は、朝から気分と体温が上がるものを口にするようにしています。

朝食のレギュラーメニュー
・温かいスープ
・はちみつを溶いたお湯
・ヨーグルト
・果物

これで体温が上がり、身体が目覚めていくのを感じます。

 

妊娠してからは納豆かけご飯と冷ややっこもプラスで食べるようになりました。自分の健康状態に合わせて朝食を考えてみてください。

 

 

ウォーキング

 

朝20分ウォーキングをすると、セロトニンが沢山出て、なんとそれが一日中続くと言われています。

効果絶大!!

 

実際に行っていますが、とにかく気持ちが良いです。

ウォーキングでは無意識のうちに思考がクリアになるのを感じました。

自然を感じることができ、車の通りも少ないので普段より空気も澄んでいるように感じます。

 

ウォーキングは毎日ではなくても、ウォーキングをしたその日一日を幸せにしてくれるそうです。

「毎日しないと意味がない」ということではないのが良いですね。

 

まとめ

自分を幸せにする朝の習慣。

人それぞれ、生活スタイルも違いますし、何をしたら幸せな気分になれるかも違うと思います。

しかし、自分が見つけた「これ、いいかも」という習慣を続けることで、自分に自信がつきます。

自信がつくと、堂々と過ごすことができ、今よりも生きやすくなります。

 

あなたの一日が、幸せでありますように。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です