女性ミニマリストが洋服を買う基準

洋服を買う時、何を考えて買いますか?

 

デザインが好きだから?安いから?流行りだから?

 

そんな理由で服を買っていては、キリがありません。

この記事では、女性ミニマリストが洋服を買う時に考えることをご紹介します。

読み終える頃には物欲なくなってるよ!笑

5年後の自分もそのデザインを好きかどうか

ついつい流行のデザインや、個性的で人と被らないものを選んでしまいがちですが、人の好みは移ろいやすい。

自分のスタイルが確立していなければ、若い人は特に、5年後の自分のことなんて分かりません。

なので、

「シンプルだけど地味じゃない」

「自分の個性を最大限に引き出してくれる」

そんな服に出会わなければ服を買いません。

 

なかなかそんな服には出会えないので、服飾費は下着の買い替えを含めても年間3万円ほど。

私の持っている服は全部お気に入り。

一軍揃いです。

それを着ていて自分が自信を持てない服はとっとと捨ててしまいましょう。

自分に自信をもたらしてくれる服だけを持ちましょう。

 

 

洗濯しやすいかどうか

「お家で手洗いができます」の服、

「手洗い」しますか?

 

洗濯機にぶちこめない物は「可愛い!」と思っても購入しません。

自分がマメであるという自信がない人は、管理が難しい服は買わないのが吉。

買う前に洗濯表示を確認したり、店員さんに扱いを尋ねたりしましょう。

 

 

レジに行く前に必ず試着

購入前に、必ず試着をします。

これは良いデザイン!使い勝手も良い!という服に出会っても、そのままレジへ行くのではなく、一度試着をしてみます。

すると、自分の骨格に対して仕立てがいまいちで、素敵に見えないことがあります。

袖を通した途端に満足して購買意欲が失せることも。



買い物は一人で行くか、120%気を遣わない相手と

 

せっかちな人と一緒に買い物に行くと、焦って冷静な判断ができない。

結果そこまで吟味せずに買い物をしてしまうことがあります。

悩んでも気長に待ってくれる人か、一緒に悩んでくれる人と行くのがいいですね(*’-‘*)

試着した姿を見せて、客観的に意見を聞けるのはありがたい。

一人で行くことのメリットはゆっくりと選べることですが、店員さんにも注意。
売るのが商売なので、巧みに購買意欲を掻き立てられます。

店員さんと話したくない時

人見知りの極意だよ!

・電話しているフリをする

・一緒に買い物に行っている人とたくさん話す

・「あ、ありがとうございます」で済ませる

・一定の距離を保つ

そのお洋服は家族です

よし、買おう。

 

という服を見つけた時、その服を家族のように大切にする心の準備はできていますか?

そのお洋服があなたの手元に来ると、同じ家で過ごすことになります。

着ている時は四六時中行動を共にします。

言わば家族!

大事にしなければいけません。

そこまで考え、それでも欲しいと思う服に出会ったら、レジに行きます。

 

まとめ
デザインは5年後の自分も好きか、機能性はどうか、人の意見に流されていないか考えてから服を買いましょう。

洋服の買い物って本当に難しい!
購買意欲が薄れたのでは?笑

素敵な洋服はあなたの人生を豊かにしてくれるはず。
そんな運命みたいな出会いが訪れると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です