【フランス人は10着しか服を持たない】フランス人女性に学ぶ 美人の作り方

 

ある程度の年齢になるとだれしも「洗練された女性」に憧れたことありますよね。
フランスの女性たちは洗練されていながらナチュラルな感じの人が多く、メイクをしているのかどうかぱっと見ただけでは分からないことが多いです。

フランス人の女性は、

「わたしには他に大事なことがあるから1時間もかけて念入りなメイクなんかしないわ」

「行くべきところややるべきことがいっぱい とても充実しているの!」

みんなまるでそんなふうに言っているみたいに見えます。

なぜそんなに身も心も美しいのか、フランス人女性に美人になる方法を学んでみましょう。

 

メイク

 

ノーメイクみたいなメイクの真髄は「謎めいた雰囲気」を醸し出すこと。きちんとしているのにとてもナチュラル。

 

それが自分の魅力を高めると、フランス人女性は分かっているのでしょう。


22ea35e5b127a5fce9506c26c563c26c_w

 

 

①   ナチュラルメイク
あくまでもさりげないメイク。軽めのファンデーション。チークと口紅は目立たない色で仕上げる。

 

②  目元が際立つメイク

 目元を際立たせて口元は控えめにするのが特徴。

基本はナチュラルだけど、アイライナーだけを用います。

目元が際立つメイクは美術館や映画、気軽なコンサートなどアート関連のイベントにぴったり。

ミステリアスな雰囲気を出したい時はぜひこのメイクを試してみてください。

目元を強調すると神秘的な女度がぐっと高まります。

 

 

③   リップの際立つメイク
口元を際立たせて目元は控えめにするのが特徴。パウダーファンデーションとチークを使って唇には大胆な色を。アイシャドーはしません。アイライナーはお好みで。
このメイクはロマンティックで視線を唇にひきつけます。

情熱的な気分の時や、気まぐれにふるまいたい時、ちょっぴり冒険したいときに使ってみてください

 

 

 

メイクはTPOに合わせましょう!

 

服装にメイクを合わせることも重要。

 

カジュアルなトップスにパンツサンダルなら、メイクはナチュラル。パウダーファンデーションをさっと塗ったら、チークと口紅でさりげなく色付け。

 

ジムやスポーツで汗だくになることが予想される時は、口紅だけで出かけます。

汗で化粧がドロドロになった顔見られるのは、ノーメイクを見られるより恥ずかしいですよね。

 

 

 

美肌のためにいつも水を飲む



Photoelly020_TP_V

 

きれいな肌を保つためには、水をたくさん飲みましょう。

 

フランス人女性はたいてい夜寝る前と朝起きたてに大きなグラスで水を飲み、さらに一日中何杯もの水を飲んでいました。

 

あまり水を飲まずにコーヒーやジュースばかり飲んでいる人はいませんか?

お酒もなるべく量を減らしましょう。

 

アルコールは利尿作用があるので水分不足になりやすいです。水分不足にならなかったら、若々しい肌を保つことができますね。

 

もし夕食に毎晩お酒を飲むのなら、食前と食後にたくさん水分補給すること!

 

レモンを一切れ搾ったお湯を飲むと、レモンのおかげで胃がさっぱりしますし、香りで穏やかな気持ちになることができます。レモンには抗酸化作用もあるので若々しさを維持するのにも効果的!!

 

 

フルーツと野菜をたっぷり摂ることも忘れずに。抗酸化物質のおかげで肌がキレイになるだけでなく、肌への水分補給に役立ってくれます。

 

 

 

【まとめ】

 

・清潔感のある美しさには、「ナチュラルメイク」がおすすめ。

・その日の予定や服装、気分に応じてメイクを変えてみよう。

・きれいな肌を保つためには何よりもお水をたくさん飲むようにする。アルコールはほどほどに。

・美肌のために、フルーツと野菜をたっぷり摂ることを忘れずに。

 

お気付きの方も多いと思いますが、今回参考にした本は、「フランス人は10着しか服を持たない」です。

 

私がミニマリストになるきっかけとなった本。優雅であり、強く「自分」というものを持って生きているフランス人女性に、今も憧れを抱いています。
活字が苦手な方は、コミック版も発売されているのでぜひ。

↓コミック版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です