6帖1間でも友達を呼べるインテリア

こんにちは!

一人暮らしを始めたみなさん!
部屋が狭いからと、家に友達を呼ぶことを諦めていませんか?
今回は、用途に合わせた家具のレイアウトをご紹介。
自分のライフスタイルに合わせて家具を配置しましょう。

1、はじめに
おしゃれ

現在6帖1間の物件に暮らしています。
「狭いから」という理由で何かを我慢していることは一つもありません。
私はゆるミニマリストです。
テレビ、ソファ、ドレッサーなどはなく、モノが少ないことが、狭くても快適に過ごせている理由です。
ソファでゆったりとテレビを見る生活に憧れた時期もありましたが、よくよく考えたら要らないなと。テレビを手放したことでソファの必要性も感じなくなりました。

ほんとテレビはいらない!
【ミニマリスト】テレビを手放したら後悔する⁉

2、自分が過ごしやすいお部屋

家具の配置を考える時、生活同線を第一に考えなければなりません。

私のお部屋↓

部屋1

ベランダまで一直線に行けることが理想。
家具で窓を遮らず、明るい光を取り入れます。
朝は目覚まし時計なしで目が覚めます。

エアコンの風を直接浴びることを避けるため、ベッドを左側に配置しています。
自分の生活だけを考慮した配置なので、
2人遊びに来たら、ちょっと窮屈でした(‘A`)

3、人が来ることを想定して

部屋2

レイアウトを変えました↑

これで、4人で机を囲むことができます。
部屋もなんだか広く見えます。

ベランダまでのアクセスがやや困難になったのですが、考えてみたら、一人暮らしの私が洗濯をするのは週に2~3回。その時だけ不便さを感じれば、あとはこの広々空間で過ごすことができます。

ベッド柵で窓を遮ると圧迫感があるため、壁付けにした結果、エアコンの下に頭が来る形になりました。これは気に入らない点なので、夏場になったら、柵はそのまま、頭の向きだけ変えようと思います。

まとめ

レイアウト一つで、お部屋の印象は大幅に変わります。気分転換にもなるし、家具の下に大量のホコリが!!なんてことにならないので、模様替えはおススメ。自分のライフスタイルに合わせて、お部屋のレイアウトを楽しんでください(*´ェ`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です