【恋愛の悩み】恋愛における男女の違い。すれ違いはここから

 

今回は、男女の違いをご紹介。

こんな場面、あるあるでは?

1、悩み相談に結論はいらない

TAKEBE160224530I9A0481_TP_V

ささいな会話で喧嘩に発展してしまうことありませんか?

ささいな喧嘩から、激しい言い合いになってしまうことはありませんか?

そこには男女の違いがあります。

男性は、頭の中で考え、結論を口に出します。

女性は、結論をまとめるために口に出します。

だから男性は、女性のまとまりのなさにイライラしてしまうことも。

女性が悩みを話した時に、男性が悩みに対する結論を出したがるのはこのためです。

女性は一緒に考えて欲しいだけ。

答えなんて、もう女性の中で決まっています。

名称未設定-1

悩み相談ではなく、二人に関することで意見を求められた時は

男性の持っている結論・意見は貴重です。話してください。

結婚や子育ての相談など、何も意見しないと機嫌を損ねられることがあります。

 

 

2、気持ちは言わなきゃわからない

 喧嘩の最中に大声を出されたり、
泣かれたりしたら冷静に話し合うことが難しくなってしまいます。

男性は、思ったことは声に出してほしい。

女性は、察してほしい。

この違いをお互いによく理解していないと、
気まずい空気が長引くことになります。

名称未設定-2

女性は、気持ちは言わなければ伝わらないことを理解する必要があります。
恋人はエスパーではありません。

男性は、女性が機嫌が悪い原因を全部生理のせいにするのはやめてください。

3、怒る時は蓄積

男性は、その場で良くないことが起これば怒る。

女性は、ひとまず心にしまう。溜まったら爆発する。

名称未設定-3

男性からしたら、些細なことで女性が激怒したように見えます。

しかし、「ツボ」の問題ではありません。
今までの蓄積です。

女性は爆発しないように、
少しずつ吐き出さないと損です。

「小さいことで爆発的に怒る心の狭い人」という目で見られてもおかしくない
状況になってしまいます。

まとめ

男女の違いを理解していれば、喧嘩を避けることができたり、

喧嘩になっても早くに仲直りできます。

まずは理解しようとすることが大事です。

 

拝読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です