即片づけ!スッキリした部屋にするためにモノを減らそう!ミニマリストになる方法

 

スッキリしたモデルルームのようなお部屋って誰しも憧れがありますよね。
今日はそのファーストステップ!

片づけの方法についてご紹介!

1.物を手放すメリット

 

①部屋に清潔感が出る

モノが減ると、部屋は広くて、よく光が差し込む空間になります。

実際に掃除は楽になりますが、例え掃除をしなかったとしても、
モノで溢れかえっている部屋よりはキレイに見えます。

 

②掃除がラク

掃除をする時、「モノをどかしてその部分を掃除する」ということをしなくて良いので、
手間を省くことができます。

また、ホコリはモノに吸着する性質を持っています。
ホコリがくっつけるような場所をなくしてしまいましょう。

 

③探し物が減る

モノをなくすことがなくなるので、探しモノをする時間を減らすことができます。

 

④お金が増える

モノが少ないと、「持っているモノをまた買っちゃった」「似た系統の服買ってしまった」
ということがなくなるので無駄使いがなくなります。

また、手放すモノをリサイクルショップやメルカリ等で売ると、お金になります。

 

⑤いつでも人が呼べる

人を家に入れる前に玄関の前で「ちょっとだけ待ってて」なんて言うことがなくなります。

 

2.何を捨てる?

①1年以上使っていないモノ

 

存在すら忘れていた長らく使っていないモノが押し入れから出てきたりしたら、
心置きなくその場でごみ箱にポイしましょう。

 

②いつか使うかもしれないと考えているモノ

いつか使えるかな~と思ってなんとなく取っているモノって、結局使わないです。

代表格空き箱・空きビン
使う機会はないと考えて、捨ててしまいましょう。

 

不揃いな箱とかビンで収納しても見栄えはよくないので、
モデルルームを目指すなら使い道はないです。

また、処分に困るのが参考書類・・・・。
仕事に関するモノだったら捨てるに捨てれませんよね。

ネットで検索すれば出てきそうな情報しか載っていないものは捨てます。

 

 

③痩せたら着ようと思っている服


「痩せたら着よう」と思って何年も着ていない服はありませんか?
ライザップにでも行って短期で痩せる予定があるのであれば話は別ですが、

短期で痩せることなんてありません。
捨てましょう。

 

④もったいないから捨てれないモノ

 

例えば、Bluetoothイヤホンを買いました。
もともと使っていたイヤホンは勿体ないので引き出しで眠っています。

となった時、なかなか難しいですが、もったいないですが、
思い切って捨ててしまいましょう。

あとで「あ~とっておけば良かった」とはならないことが多いです。

 

 

⑤人からもらったけど使っていないモノ

人からの貰って手放すのは心苦しいというモノ。

あげた人も、あなたを悩ませることになるとは思っていないはず。
好きにして良いです。

さらに、人から貰ったということは、それまではなくても生活ができていたわけですから、

手放しても困ることはありません。

 

3.手放すのをためらうモノは?

①実家に置いてもらう



アルバムや子供の作品等の思い出の品は手放すのにためらいますよね。
そういう時は実家をフル活用しましょう。

実家のモノが増えてしまいますけどね(*´ェ`*)

 

 

②売る

手放すとお金になると考えると、片づけがよくはかどります。

しかし、メルカリで一点一点売るのはかなりの重労働です。

出品の途中で疲れて片づけをやめることにもなりかねません。

まとめ売りをするか、リサイクルショップへの持ち込みをおススメします。

 

 

③人にあげる

 

あなたにとっては価値が落ちてしまったモノも、
人からしたらすごく欲しいモノかもしれません。

人にあげることで、モノを手放す罪悪感からも解放されます。

 

④「1年後処分BOX」に入れる

どうしても悩む!というモノがある時は、
とりあえず処分するのをやめるという方法があります。

まとめて置いておき、1年後再び検討。

片づけ作業はサクサク進めるのが大事なので、悩む時間を減らすために
保留BOXを作っておくと良いでしょう。

 

まとめ

片づけは根気がいります。

家族で住んでいる人は、一人で全部しようと考えると疲れてしまいます。
家族も巻き込んで、ラクに片づけしたいですね。

私はゆるミニマリストですが、徐々に徐々にモノが減っていっている状態です。

はまって作業をするのではなく、
長い目で見てゆる~く物を捨てて、片づけを行っています。

結果、今はスッキリした部屋に暮らすことができています。

何事も途中でやめてしまうのがもったいないです。
自分に合った片づけの方法で、楽に続けてみてください。

拝読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です