1人暮らしは最低いくらかかる?ドケチ女子節約生活

 

私が一人暮らしを始める前、よく生活費を検索していました。

 

いくら必要なのか、平均じゃなくて最低額が知りたい!!

 

と思っていたので、今回は最低限の生活をしていた私の支出をご紹介します。


ミニマリストになる前のお部屋。

6帖一間。家賃は2万9千円でした。

 

日の出と共に起き、日の入するとロウソクをつける。

 

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等はなく、電気を使うのはiPhoneの充電をするのと照明を点ける時だけ。

というムリな節約生活をしていました。

夏は水風呂に入ってガス代を浮かせたり・・・(;´∀`)

貧困女子の節約生活。光熱費を下げるには

 

この時の光熱費は電気・ガス・水道で月4千円でした。
今部屋選びをしている人は、
・都市ガスかどうか
・水道は固定額じゃないか 
は見ておいたほうがいいです。

水道月2500円固定は高すぎ!毎日シャワー浴びても絶対そんなかからない!

 

通信費はスマホの分だけで、4千円。

(携帯会社はワイモバイルです)

 

食費は1日2食で月2千円。

 

交際費が6千円(いくらでも削れる)。
意外とかかってしまうのが交際費です。
友達とのランチとか、職場での付き合いもあり、完全にゼロにするのは難しい出費です。
家賃以外では、少し食費が上がったとしても、何か買ったとしても、
2万あれば充分でした。
私が恵まれていたのは、職場まで歩いていける距離に住んでいたことと、
昼食代が完全に職場持ちというスーパーホワイト企業に勤めていたことです。
なので交通費と食費を限りなく安く済ませることができました。

まとめ

めちゃくちゃ生活に困窮している人
お金を早急に貯めたい人は
光熱費 4千円
通信費 4千円
食費  2千円
交際費 6千円
雑費  2千円
合計
 家賃➕2万

で生活を考えてみてはいかがでしょうか。

めっちゃ貯まりますよ。

 

でも!!!

今から一人暮らしを始めようとしている方、
なんのためにお金を貯めたいのか目標がないと、節約は続きません。

 

節約自体が目的になると、ただの「けちけち節約お化け」ですよ。

社会人になって、自分が稼いだお金で、あなたの人生を豊かにしてください。

 

拝読ありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です