有利子&機関保証の奨学金はさっさと返してしまいましょう

こんにちは(。・ω・)ノ゙お金大好きAsuKです。

今回は、有利子で借りていた奨学金132万を繰り上げ返済して2年で完済したら、
41,913円返ってきた話をしようと思います。

私は3年生の専門学校に通っており、
月々3万を第二種奨学金(有利子)
  5万3000円を第一種奨学金(無利子)で借りていました。

社会人になって、半年後から奨学金の返済がスタートしますね。それで苦労している方も多いのではないでしょうか。
私は毎月19,711円が奨学金で引き落とされていました。

国から借金をしているという状況が気持ちが悪く、利子付きの分は早く返してしまおうと心に決めていました。

社会人7か月目で、132万のうち90万を繰り上げ返済。
そして残りを、返済開始から2年ほど経ってから払いました。

完済すると、表彰状のようなハガキが送られてきます。

繰り上げ返済は日本学生支援機構のスカラネットパーソナルから行うことができます。
早く返すことで安くなった利子の分は、返済時にわかっていて、せいぜい1万円くらいだったのですが、

完済して2か月程経った頃、嬉しい誤算が。

学生支援機構から、41,913円通帳に振り込まれていたのです。
というのも、自分が奨学金を借りるときに、「機関保証」にしていたから。

機関保証とは、あなたが払えなくなったときは機構が肩代わりしますよ。ってやつ。
借りるときに、月3万借りるようにしたのに、ちょっと小銭が引かれて2万9千ちょっとしかない・・・・って思ったような記憶がある方はきっと機関保証。
自分がなに保証だったかもスカラネットで確認できます。

全部返したねーじゃあ保証してた分は返すよー
ということで、お金が返ってきました。
もっと早くに完済していたら、額も大きかったのかな。・゚・(ノД`)

ということで、有利子、機関保証のいずれか又は両条件揃っている方は、貯金が余るくらいならさっさと返してしまったほうがお得ですよ。

私はあと無利子の人的保証の分が131万くらい残っているのですが、今後無利子でお金を借りれることなんてないから、こっちはゆっくり返していきます。

拝読ありがとうございました(*´∇`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です