イオン銀行でつみたてNISAを始める

最近、節約家の間では金利の高いネット銀行が話題ですね。
この記事ではイオン銀行でつみたてNISA を始めるメリットや、初心者が実際につみたてNISAをやってみて、手間がどのくらいかかるかご紹介します。

つみたてNISAにイオン銀行を選ぶ理由は?

[結論] 普通預金の金利を上げるため
 イオン銀行では、つみたてNISA の口座を開設すると、Myステージの得点を稼ぐことができます。(正しくは投資信託口座。投信の口座と同時につみたてNISA 口座開設ができます)
 Myステージが上がると、普通預金の金利を上げることができます。(4月1日〜最大0.15%)

金利0.15って、地方銀行の150倍だよ!!

 

どの銘柄にした?

 どの銘柄が良いとか、初心者にはわかりませんよね。だとしたら、なるべく簡潔なほうが良い。

 

 投資家の個人ブログの情報を頼りに、気になったのはこの3つ。
・ひふみプラス
・iFree S&P500インデックス
・iFree 8資産バランス
ひふみの最近の不振を見て、S&P5008​資産バランスの2つに絞ることにしました。

実際、めんどくさい?

 つみたてNISA の口座を開設申し込みしてから、実際に銘柄を購入できるまでに、1ヶ月とちょっとかかりました。待ち遠しかった….

 

始めて3日目。評価損益は合計91円でした。

IMG_6489

「評価損益」って何?
実際に利益を受け取るまではいくらになるか確定ではないので、「評価損益」と言うらしいです。
それから毎月、33000円をつみたてています。
毎月、ネットバンキングにログイン→投信の購入という手間がかかっていますが、月に1度のことなのでそんなに気になりません。
口座開設をしたり、銘柄を選んだりする工程は面倒でしたが、それを乗り越えると、あとは気になるほどの面倒さではありません。長い目で見れば利益が見込めますし、初心者でも取り掛かりやすい投資だと思います。
つみたてNISAの詳しい経過は下記の記事を↓↓↓
ご拝読ありがとうございました😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です